Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/gamingdevice/pc-oubo.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 546

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/gamingdevice/pc-oubo.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 546

SSDの用途と選び方、快適にパソコンを使いたいならカスタマイズで追加しよう!

SSDの用途と選び方について紹介していきます。まず、大前提となる換装目的は「動作の高速化」であると考えて良いです。何の根拠もなく「PC高速化」を謳うソフトウェアが一昔前、そして現在まで存在していますが、そんなものはありません。

「確実に速くなる」

それは体感するところから始まります。

SSDの用途

高速化と言っても、パソコンの動作全てが高速化するわけではありません。SSDの中に入っているものだけが高速化されます。HDDとの違いでも説明したように、物理的な動作でないためランダムアクセスなどに優れています。物理的に動かないのだからアクセス自体も早くなることで動作が高速化します。では何を高速化させるのかを考えていきましょう。

恩恵を得られるもの

システム

一般的にSSDが登場してから最も選択されている用途でOSの起動を高速化するものです。私の場合、起動からデスクトップが表示されてブラウザなどを起動できるようになるまで1分26秒かかっていました。慣れていると遅いと感じていても特に苦に感じない微妙な時間です。

SSDに換装後は電源ボタンを押してからブラウザなどを起動できるようになるまで14秒でした。々詰め込むと若干遅れるが、それでも最も速くて14秒、最も遅くて19秒と80%以上高速化しました。

OSの立ち上げだけでなく、システム全体の高速化に繋がるため基本となる動作全てが高速化すると考えて良いですね。ただ、最も体感できるのがパソコンの立ち上げ時なので過度な期待は禁物です。

ゲーム

ゲームの起動やマップの読み込みなどが高速化し、無駄なストレスを感じなくなります。ゲームをメインでパソコンをする人には最も効果が期待できる換装となります。しかし、ゲームの描写が快適になったりカクつかなくなるわけではないのでプレイ自体に大きな影響はなありません。

FPSで言えば、起動と入場時の読み込みが大幅にカットされ高速化を体感でき、RPGでもマップの切り替えやダンジョン入場時の読み込みが高速化されます。起動時はともかく、入場時の高速化は意外と恩恵が薄いです。というのも、全員が入場完了してから準備時間が開始されるため大きな効果は期待できません。

よく起動するアプリケーション

オフィスやペイントツールなどの若干重くなるソフトを起動するのが早くなります。これも恩恵としては薄いが、頻繁に起動するのであればいれておいて損はないでしょう。また、120GB~128GBのSSDが主流なこともあり、OSを入れてもスペースに少し余裕があるため一緒に入れるケースが多いです。ソフトを入れたからといってSSDの機能が落ちるわけではないので有効活用したいです。

*要注意
Windows7以降のOSは容量が一定ではなく、搭載しているメモリ容量によって異なるため確認しておきましょう。また、隠しフォルダなどに隠れて容量の20%以上を占めるフォルダなどもあるため空き容量には注意しておく必要があります。

SSDの選び方

容量で選んだり、性能で選んだりと多種多様だが一つ共通して言えるのは「なるべく新しいものを選ぶ」ということです。2013年以前のものは性能的に現行モデルと比べると見劣りしてしまいます。もちろん、HDDよりは高速化できるが期待値は低いです。2014年春以降のSSDのほうが性能的にも価格的にも優秀です。

容量は用途によって異なりますが、システムなら~128GB ゲームなら120GB~ アプリケーションも容量次第と言ったところです。超ハイスペックなハイエンドモデルを目指しているなど、特殊な用途でなければそこまで大容量のものは必要ありません。マンガなどをDL購入して、SSDに保管しても起動速度自体が元々高速なので恩恵はほぼありません。

性能は読み込み速度と書き込み速度共に500MB/s前後が基本で、あとはランダムアクセスとなるが当サイトのおすすめを選べば全く問題ないでしょう。

G-SYNCって何のこと?

G-SYNCという言葉を聞いたことがありますか?これは、nVidiaが発表したG-SYNCは液晶モニターに専用のチップを搭載しGPUと同期することによりカクつきやラグを取り除いてくれる技術です。4Kディスプレイや60hz駆動の液晶モニターでもG-SYNCを使用することが可能でこれからのゲーム事情を大きく変えてくれる期待のシステムです。では、少し長くなりますが お話していきます。

まず「垂直リフレッシュレート60hz」とは1コマ辺りの表示時間は約16.7ms(正確には16.666666….)で映像表示は一度に行なわれているわけではなく、画面の上から下に向かって処理しています。ここでGPUが必要な映像データを送らないと正しい表示がされないのです。

そこで、60hzという表示周期に合わせるようにし、GPUのフレームバッファ内容を表示する動作がゲームでは主流ですね。[VSync]を有効にするということにつながります(垂直同期有効)GPUが映像の1コマを16.7ms未満でレンダリング出来ていればモニターは60hz表示できるというわけです。

ただ、テレビなどではなくゲームですので負荷がかかってしまう場面というのはあるわけで・・・その場合1コマを16.7msでレンダリング出来なくなることもあります。その時にGPU側が16.7msで情報を出力することが出来なくてもモニターは表示しようとします。

すると今度はGPUが送れなくなってしまい、処理がワンテンポ遅れてしまいます。GPUが情報を送るのは垂直同期に合わせるので一瞬止まったように表示されてしまいますこれが俗に言う「カクつき」というものです。

映像が止まることでプレイヤー側もその際の映像を見ることが出来ず今見ている画面が実は最新の映像ではなく、少しズレてしまっているのが「ラグ」と呼ばれるもので出力と表示がズレてしまうことで、少し前の映像を見ることになってしまいます。ほんの僅かな時間ですが、FPSなどでは非常に重い「僅かな時間」となってしまいます。

例えば、敵が現れるとほぼ同時にこちらを撃ってきて負けたなんてことは誰にでもあると思います。チートか?決め撃ちか?いいえ、ラグです。自分の画面では出てきたばかりでも、それは1秒ズレているとしたら納得できるのではないでしょうか。

こういう問題に対応するために、垂直同期のメカニズムを放棄しGPUがレンダリングした映像を即座に表示させる方法が考えられていました。そして誕生したのが「VSync」無効(垂直同期無効)しかし、GPUとモニターが別々に機能することで「ラグ」「カクつき」が生じてしまいます。

そこでGPUとモニターを同期させることにより、それらの問題を解決させました。そうです。これにより、ラグやカクつきというストレスから開放されるわけです。

現在、G-SYNCの対応解像度は3840×2160の4K解像度まで対応しており144hzの垂直リフレッシュレートにも対応しているそうで可変フレームレートによるG-SYNC表示も可能だそうです。推奨環境は120hzや144hzのような高い駆動モニターとされていますが60hzのモニターでも使用することは可能なようです。

ただ、Radeonのグラフィックボードには対応していないので注意が必要です。ゲームの最適化がされているRadeonですが、そのアドバンテージも失いそうですね。

机とイスでゲーム環境を整える

ゲームを快適にプレイする環境として、デバイスなどと違い土台となり重要なのが机です。キーボードの配置、マウスパッドの大きさなどを考えると狭い机では窮屈です。

特にキーボード、マウスパッドを置くだけで1m近くスペースが必要で奥行きも大切ですね。マウスを操作していてモニターに当たるなんてことがあってはいけませんのでモニターからキーボードやマウスパッドまでの距離などを考慮して横幅120cm 奥行き60cmくらいは欲しいところ。

デュアルモニターなどにする場合はモニターの大きさにもよりますがそのくらいあれば正面に1台目 2台目は右側したりすることも出来ます。環境を整えるのはゲーマーの嗜みですが、土台は重要視されていないのが現実。

そしてその机にあった椅子を選ぶのも重要です。ゲームをすると時間が経つのを忘れてしまうくらい没頭したりしますが疲労の蓄積や腰へのダメージは結構なものです。良いとは言わないまでも座り心地の良いものやリクライニング機能が備わっている椅子を使用すると疲労が溜まりにくく最高のコンディションを維持したままプレイすることが出来ますので上達の近道とも言えるかもしれませんね。

机と椅子は環境の基礎・土台です。いくら良いデバイスを使用してもその土台が良くなければ改善されない問題も多くあります。今一度、ご自分のパソコン周りの環境を見直してみませんか?

ドスパラの評判まとめ【2018年】

ドスパラでパソコンの購入を考えている方で、「ドスパラは評判が悪い」、「サービスが悪い」と考えている方もいると思います。

ドスパラの初期不良について書きましたが、初期不良はどの業者でもつきものです。

初期不良後のサポートが悪かった!という人も居ますがここで疑問があります。

パソコンの電源が付かなかった!

パソコンを起動してしばらくすると勝手に電源が落ちる! 現在、ドスパラではBTOを取り扱っており 様々なカスタマイズが可能になっています。 それこそ、そのままでは動かない構成にも出来ます。 それは、今あるパーツを再利用する人の為です。知識のある人が利用するという前提であるのがBTOです。 

本来、BTOとは受注製作を意味し フルカスタマイズを行うのですがそれだと、パソコンの知識が並以上あっても難しいのです。それによって、初心者は高いだけでのパソコンを買ってしまいます。ドスパラは初心者にも買いやすいように簡単にBTOできるようにしました。

基本となるマザーボードなどは全て組み、あとはCPUなど主要なものを選ぶという形にしています。しかし、安く安くしようとするあまり本来必要なものを要らないだろうと外してしまったりする人がいるのです。そんなバカな・・・と思うかもしれませんがそれが実態です。そういうことにならないように外せなくすると今度は再利用しようとしている人が困ります。

動作するかどうかは、サポートの方に連絡すると丁寧に教えてくれますので自己解決せず、一度連絡してみましょう。

このBTOパソコンにこのグラボつけたいのに、なんで選択肢にないの?

というのは、その構成のパソコンは置いてあります。しかし、慣れてない人は基本が安いパソコンを選択してしまいがちです。グラボというのは数万~数十万と幅広くあります。

高性能なグラボなどをつけてしまうと値段は跳ね上がります。ですので、上位モデルなどを見てもらえば分かると思いますがそのグラボ搭載のBTOパソコンは存在しています。しかし、値段が高いので最初から選択肢に入っていないのです。

サポートの対応が悪い!

という人も居ますね。パソコンが届いたのに動かないじゃないか!とイライラしている人にとっては丁寧にしゃべれば「ゆっくりマイペースだ!」 早くしゃべれば「客に対して何だその態度は!」というように、パソコンを買ったのに動かない!あの店が悪い!

自然とそう考えてしまい、最初からマイナスイメージなまま電話をしたりします。そうなると、もうその店が悪という意識になってしまいます。まずは落ちついて、現在どういう状況なのかどうすればいいのかを聞いてみてください。

解決に向けてのアドバイスを親切に教えてくれます。私自身、過去に何度も利用していますが 不快に感じたことはありません。

初期不良で送ろうとしたら送料は自腹だと言われた!

一部店舗にはこれは事実だそうです。しかし、これにはちゃんと理由があります。明らかに、他店で購入したパソコンを無料修理しろと送ってくる保証期間が過ぎているのに何度も送ってくる。

そういういちゃもんをつけてくる人が増えたのが主な原因です。昔は、そういうこと言ってくるのはほとんどいませんでしたが今は、時代も変わりクレーマーと呼ばれる人たちが増えてきました。返送の送料は店舗負担ですが、受け取りの送料が自己負担なので無料と言うと壊れたパソコンを初期不良だ!何もしてないのに壊れた 「新品と交換しろ!」「返金しろ!」「修理しろ!」と言う人がいるのです。

事実、一部店舗ではそういう送料詐欺まがいのことが頻発しており業務に影響がでることから、仕方がなく今の仕様になったのです。ドスパラは現在全国展開しているので、持ち込んで依頼して送ってもらうようにすれば無料でしてくれます。

メーカー保証

例えば、メーカー2年保証のHDDがあったとします。この場合はメーカーが保証するのであってドスパラが保証するのではありません。3年保証なのに「当店では6ヶ月保証となっていますので、3年保証を適用する場合はメーカー様に直接ご依頼してください」と言われた

なんて方もいらっしゃいますが、これは認識の違いですね。動作不良に関してはメーカーが3年保証するのであって、購入した店舗によっては本来保証がないものです。故障した人はすぐにでも新しいものと交換して欲しいであろうと、ドスパラはその場で交換し店舗としてメーカーに依頼を出してくれるのです。こうすることで利用者にむだな手間をかけさせないようにしています。

しかし、6ヶ月保証など 保証が過ぎたら店舗に持ってきても対応出来ないどういうこなのかについてですが6ヶ月動いたら、それは初期不良でもなんでもないですよね?例えば7日くらいで壊れたとして 壊れたからすぐ持って行く時間がある人もいればない人もいますその期間を最大限に延ばして6ヶ月保証にしています。

もちろん、もって来る手間を考えれば自分で送ったほうが早いのですが、認識の違いがここで出ます。メーカー=販売店と考えている人は少ないでと思いますが、人によっては同じだと考えているようです。
 
そして、別例として 店舗保証3年のHDDがあったとします。そのHDDが組み込まれているパソコンを購入し、2年でHDDが壊れたので交換してくれと言ってもダメです。HDD単体としての保証であって、販売されているパソコンにそのHDDの保証は適応されません。

パソコンはパソコンの保証があるから当然です。同じHDDなのに何故?と思う人は少ないと思いますが実際にいます。HDDを購入した人にはHDDの保証が、 パソコンを購入した人にはパソコンの保証があります。

HDDを搭載していないパソコンを何も言わずに販売したとしたら問題ですがしかし、全て搭載していると表記し、このパソコンの保証はいつまでですと表記しています。 最初から組み込まれているHDDを含めてパソコンです。HDD単体だとそれはただのHDDです。

初心者でも気軽に買えるのが問題?

パソコン初心者や仕組みに詳しくない人ほど、ちょっとしたことで壊れた!と思ってしまいます。電源がつかないのは電源をオンにしてなかったということは少ないでしょうけど仮にそういうことがあった場合、初心者ほど簡潔に答えを求めてしまいます。例えば、電源は背面にON/OFFの切り替えがありますがそれをONに変えないままコンセントもさして電源押しても反応しない!これは壊れた!

そしてレビューサイトなどで悪意あるようなことを書いてしまいます。対応が悪い!という人のほとんどは自分の思い通りにならなかったのを店側のせいにしようとします。もちろん、実際に悪いと感じた人もいるでしょうが「壊れたから持っていったのに異常なしと言われた」そりゃ問題ないでしょう。電源ONにすればいいだけですからね。

そういう簡単なことを理解しないまま批判する方が多いのがドスパラの評判に反映されているのです。値段が安く、初心者でも簡単に購入できるほど幅広く取り扱っているのがネットの評判では仇となっているようです。賛否が分かれるというよりも偏っています。むしろ、動いて当たり前なのですから 動きました!と、レビューする人よりも動かない!と思ってレビューする人のほうが多いのですから。

そういう評判が広まり、買う前や利用する前から ドスパラは悪い!と決め付けて損をしている人もいるのです。情報は正しく見分ける目を持つこと、持てるようになったときから初心者ではなくなるのではないでしょうか

ゲーミングPCはオールラウンドなパソコン!ビジネスでも遊びでも大活躍!

お久しぶりです。今日はいかにゲーミングPCが優れているかについて独自の目線で紹介します。最低でも10万円以上はするパソコンなので、色々な用途で使えるとお得ですよね。

実は、ゲーミングPCは、非常にオールラウンドなパソコンだと言えます。性能が高いが故に様々な用途で使えます。例えば、イラストレーターでの作業、プログラミング、動画編集・配信などにも使えます。

ゲーミングPCはYoutuberも使っている

話題のYoutuberなどクリエイターの方にも人気があります。ひかきんさんがエイリアンウェアのゲーミングPCを購入した動画をアップしていましたね。

その他にもはじめしゃちょーがamazonでゲーミングパソコンを購入したもののぼったくりだと言われていました。確かにケースはかっこよかったですが割高だなーと思ってしまいました。ご本人が納得されているので問題ないとは思いますが・・・

ゲームパソコンを購入することで得られるメリット

極端な話をすれば、ゲームをプレイしない人にもメリットがあります。基本的なスペックが比較的高い為、作業効率が良くなります。CPU性能も高くメモリ容量も多いので、ソフトの起動が早くなったりフリーズしたりしなくなります。

これは大きなメリットで、複数のソフトを同時に起動しても負荷を感じません。また、グラフィックボードが搭載されていることにより動画再生もスムーズになり
デュアルモニターやトリプルモニターも可能になります。パソコンを操作する上でストレスを感じさせない安定した動作は全体的なスペックの高さだから可能なものとなっています。

ゲームをする為だけのパソコンではなく通常のパソコンにゲームをプレイできる性能をプラス。それがゲームパソコンです。なので、同じ価格なのであればゲームパソコンがお得。ゲームしないという人でも普段の作業効率を上げることが出来ますし負荷の度合いが圧倒的に違います。

低スペックのパソコンであれば、少しの作業で80%以上の負荷がかかったとしてもゲームパソコンであればその負荷も20%程度に抑えることが出来ます。そうすることにより、劣化も遅くなり長寿命なパソコンとなるわけです。「大は小を兼ねる」それがゲームパソコンです。

ゲーミングPC=BTOパソコンが一般的

ゲーミングPCは通常BTOパソコンと呼ばれるのが一般的です。これは注文が入ってから製作パソコンのことです。ソニーなどのメーカーが販売しているパソコンよりもコスパが良いのが魅力です。

ゲームでは使用しないけど、安くパソコンを欲しいという方にもBTOパソコンがおすすめです。当サイトではゲーミングを専門にしていますので、ゲーム以外のBTOパソコンに関しては他のサイトに委ねます。例えば、「BTOパソコンマガジン」では、動画編集・イラスト作成など用途ごとにおすすめのBTOパソコンが紹介されていますので、参考になると思います。

ゲーミングPCを選ぶときのコツ、初心者でも失敗しない!

はじめまして。パソコンおたくの管理人です。今日からゲーミングPCに関する様々な情報を提供していくつもりです。今回はゲームパソコンを選ぶときに押さえておくべきコツをご紹介します。

ゲームパソコンはMMOやFPS等のPC用オンラインゲームをプレイするためにつくられているものです。通常グラフィックボードと呼ばれるパーツが搭載されていて非常に高性能になっています。

ゲームパソコンを勧める理由

少し前であれば、自作パソコンとして組み立てたほうが安価だったのですが今はBTOパソコンというのが主流になっている為自作パソコンより安く購入することが出来てしまいます。そして、何を買えばいいか分からないのでとりあえず安く購入できるパソコンを選んでしまうととてもじゃないですがゲームをプレイできる環境でなかったりもします。

自分がプレイするゲームの必要スペックがあるからと言って必ずしも快適にプレイ出来るとは限りません。必要スペックというのは そのゲームが動作する環境であり、プレイできる環境ではありません。推奨スペックというのは そのゲームがプレイ出来る環境であり、快適なプレイを約束されるわけではありません。

CPUやメモリなどの部品の知識がないとゲームをプレイ出来ないような安価なパソコンを選んでしまいがちですがゲーム用となればどれを選んでもゲームをプレイすることが出来ます。もちろん、価格に見合った性能しかなく 最新のゲームを快適にプレイしようとすると10万円近いものとなってしまいます。それでも、選択肢はぐっと絞られますし 失敗しないということは大きく通常のパソコンよりも安く購入することが出来ます。

というのも、ゲームパソコンはBTOパソコンが主流で不要なものが一切入っていません。いつ使うかも良く分からないソフトが最初から入っているということもなくメリットにしか聞こえませんが、実はそういうソフトが高くなる原因だったりするので価格は安くなる上に、無駄なものがないのはパソコンの寿命も長くなるというものです。そういう意味でもゲームをプレイしない人にもおすすめです。

ゲーミングPCの選び方

選び方の基本的なものはまず一番プレイすることが多いタイトルでの必要スペックを考えて、それに合ったスペックを搭載しているパソコンを選ぶというものです。こうすれば失敗せずに済みます。

中上級者の方であれば価格、グラフィックボード、CPUなどを比較して選ぶこともできます。慣れてきたら挑戦してみましょう。

ゲーミングPCの購入方法

ドスパラやG-Tune等有名なゲーミングPC販売をしているお店で打っているモデルであれば快適にゲームをプレイすることができるでしょう。購入は店頭または通販で行うことができます。最近は通販で購入する方が多いようです。

カスタムをするときにも価格がすぐにわかりますし店頭で買うよりもスピーディーに行えます。最近は即納モデルやショッピングローンの利用をすることができるので購入しやすくなっています。

当サイトでは具体的な選び方やおすすめのパソコンをマニアックに解説する予定です。どうぞよろしくお願いいたします。